キャンプ時々釣り日和 〜楽しむことを諦めない〜

福岡在住、趣味多き二児のパパが綴るアウトドアブログ。 キャンプに釣りに料理に音楽なんでもござれ。 釣りでは宗像沖ノ島の磯釣りをメインに紹介します。

宗像沖ノ島 磯釣り 釣行日記 |中バナ&ヒデサキ 2020.3.26 〜食レポ番外編〜

今回も「デカマサ捕獲!」とはならなかったものの、力一杯遊んで無事に帰宅。ちゃちゃちゃと風呂に入り、疲れた体に鞭を打ってキッチンに立つ。せっかくいただいた命、美味しくいただくまでが魚釣り。さてさて今日は何を作りましょうかね。

f:id:kokorono_oto529:20200328083242j:plain

f:id:kokorono_oto529:20200328083123j:plain

 

よっしゃやりますぜ

 ↑まずはこやつらヒラマサ君たちを処理。頭と尻尾を落とし、腹を出してキッチンペーパーとラップをくーるくる。今日のところはチルド室にぽーん。最低でも2、3日は寝かした方が旨い。5kg君は4、5日寝かしましょうかね。ドリップが出るのでキッチンペーパーはたまに換えましょう。

 

うりゃうりゃうりゃうりゃ。

 

ふぅー。あらかた終わったぜ。

 

f:id:kokorono_oto529:20200404082442j:plain

 

とそろそろこの辺りで、手をつけないでとっておいた頂き物のこいつを・・・。ちょうど料理酒も切らしてることだし。(飲みたいだけ)

 

かんぱーい。おつかれー。

 

疲労した体の五臓六腑までスーッと沁み渡る。飲んだら分かるたっかいやつやん。

 

ふっふっふ。よしよし後は今宵大本命のあの子だけ。

 

f:id:kokorono_oto529:20200328083132j:plain

 

初体験のカンダイちゃん。

 

少しヌメリがあるので残った鱗を丁寧に処理し、頭を落とし腹をひらく。

 

ほーう。

 

なんだかハタ系のような腹の中だ。とても綺麗で臭みがあるとは思えない。血合いを処理していると、流れる水に気品漂う脂が浮いている。

 

ほーーーう。

 

続いて3枚におろす。包丁の先端を入れただけでわかるブリブリ感。身の弾力に跳ね返される。1度まな板を洗い、半身だけを刺身用に皮を引く。

 

ほーーーーーーーう。

 

f:id:kokorono_oto529:20200328083156j:plain

 

写真ではもう少し伝わらないが、わかるだろうかこの脂とブリブリ感。とりあえずこの状態でラップしてチルド室にぽーん。

 

f:id:kokorono_oto529:20200328083203j:plain

 

残り半身は皮ごとブツ切り。酒、醤油、生姜、ネギを合わせ、冷蔵庫でしばらく寝かす。

 

f:id:kokorono_oto529:20200328083238j:plain

 

5kg君の内臓などを使ってモツの塩煮込みをつくる。写真↑は幽門水(ユウモンスイ)の処理中。それに加え、胃、腸、肝臓、心臓、真子を入れた。昆布だしに生姜、酒、塩のみ。仕上げにネギを散らし、お好みでポン酢でどうぞ。

 

f:id:kokorono_oto529:20200328083246j:plain

 

刺身を引く。さすがに残りHPも少なくなってきた。大葉も大根もレモンも冷蔵庫にあったのだが、かろうじてミョウガを刻む。盛り付けが雑だがまあ良しとしよう。今宵はわさび醤油でいただいたが、薄造りにしてネギでも巻いて、肝ポン酢でもよかったかもしれない。

 

f:id:kokorono_oto529:20200328083309j:plain

 

嫁と子供にいただきますを言わせたところで、香味揚げにとりかかる。薄力粉をまぶし油にポチャン。最後に青のりを散らした。ふむむ。片栗粉でもよかったかもしれない。レモン絞ってどうぞ。

 

f:id:kokorono_oto529:20200328083257j:plain

 

ふ〜〜〜ぅ。終わった。

 

あとは昨日の残りの肉じゃがもあるしね。

 

f:id:kokorono_oto529:20200328083137j:plain

 

ようやく座れることができた。いつもより刺身の売れ行きが良い。次男BOY、しっかりモグモグして食えよ。喉に詰めんなよ。私も箸を進めるがまあ美味しい。食べなくてもわかっていたが。もしかしたら沖ノ島で釣った魚の中で1番かもしれない。大きくなるとガリガリと蟹なども喰うようなので、底物狙いでは良く釣れるのだろうか。もう少し成長した3kgクラスあたりもいつか食べてみたい。

 

スポンサーリンク

 

 

 

気になる胃袋の中身

f:id:kokorono_oto529:20200328083326j:plain

 

ヒラ孫君たちの胃袋は、案の定ボイルがパンパンマン。一方5kg君の胃袋にはイワシだろうか。10cmほどのベイトが1匹。

とここで、山◯さんからメールが入る

 

f:id:kokorono_oto529:20200404084426j:plain

 

17kg様の胃袋からっぽ。帰り際に、教えてくれとお願いしていたのだ。なるほどなるほど。まだ見慣れぬボイルには手を(口を)出していないのね。かわいそうな腹ペコぺコマン。

 

すると伊藤会長からもメールが。

 

f:id:kokorono_oto529:20200404084841j:plain

 

怪我も大したことないようだ。よかったよかった。

 

f:id:kokorono_oto529:20200328083145j:plain

 

このタイミングで、ほんのり甘くてもちっとしたセブンのお赤飯をパクつき、本日の釣行の締めくくりとした。

 

それでは皆さん良い夢を・・・。

 

ブログ村ランキングに参加してます。クリックしていただけるとブログ運営の励みになります。

 ↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村