キャンプ時々釣り日和 〜楽しむことを諦めない〜

福岡在住、趣味多き二児のパパが綴るアウトドアブログ。 キャンプに釣りに料理に音楽なんでもござれ。 釣りでは宗像沖ノ島の磯釣りをメインに紹介します。

宗像沖ノ島 磯釣り 釣行日記 |ホームグラウンド 2019.5.24

気がつけば前回の釣行からすでに1ヶ月。ようやく行くことができました「宗像沖ノ島」。1番熱い時期に行き遅れた感は否めませんが、デカマサさんまだいらっしゃいますかね?

実は今回はなんと!?このブログを通して知り合った草◯さんも一緒に。僕に合わせてお仕事の予定も調整していただき感謝です。あとは言わずと知れた伊藤会長。今回は張り切って美味しいお肉を用意してくれたみたいなのでBBQコンロも持ち込むことに。

 

レッツゴー

f:id:kokorono_oto529:20190528142901j:plain

 

 

 

伊藤会長と合流して草◯さんと待ち合わせをしているヤナイ釣り具を目指す。渡船はアクアさんを利用。あーだこーだと作戦会議をしながら順調に車を走らす。今回はBBQを準備をしてきている為、大好きなトンコツラーメンもおあずけだ。あっという間に釣り具屋さんの手前にあるコンビニに到着。

 

 

美味しいお肉もあることだし、おにぎり3つで十分か・・・。

 

あとはコーヒーと・・・。

 

暑くなりそうなのでお茶は大きめを買っておくか・・・。

 

レジスターに向かうと前に並んでいる伊藤会長がレジ横のショーケースを指さし、揚げ物の誘惑に口をパクパクさせている。

 

いやいや。今日はダメすよ。さっき「焼肉があるからお腹空かしとこう」って言ってたばかりじゃないすか。

 

ほんとお茶目なんだから・・・。

 

会計を済ましコンビニを出る。ふと自分の車の助手席に目を向けた途端、自然と笑みがこぼれてしまった。

 

まるで中学生が先生に見つからないように早弁しているかの如く、伊藤会長が必死に両手で何かを口に詰め込んでいる。

 

まるで誰かに見つかるのを恐れているようだ。

 

そげん焦らんでもよかろうもん・・・。

 

僕が車に乗り込むと同時に既に食べ終わったようだ。ソレが包まれていたであろう白い紙袋を右手でクシャクシャと丸め、左手で口元を拭っている。

 

問いただしたところどうやらソレはフライドチキンだったらしい。

 

「俺はいつもケンタッキーには絶対コーラなのだ」と伊藤会長はコーラ片手に満足気に言った・・・。

 

 

釣り具屋で草◯さんと無事合流して港に到着。当日は南西の風が強く、上がれる磯が限られる。「中バナ、ヒデサキ、ホーム」で悩んだが早朝より上げ潮なのでホームを希望した。久しぶりに顔なじみの久◯◯さんともお会いして、4人でホームに上礁することになった。

 

↓当日の潮はこんな感じ(沖ノ島は博多船溜よりマイナス40分)。満月からの下り中潮2日目だ。

f:id:kokorono_oto529:20190528142854j:plain

 

夜釣り

f:id:kokorono_oto529:20190528142911j:plain

上礁して皆思い思いに準備を始める。もともとフカセ専門の草◯さんは夜グロを狙うらしい。初めて見たのだがバッカンやタモにケミホタルをセットし、なるべくヘッドライトは使わないスタイルらしい。お邪魔にならないようにしなければ。

 

早々と準備を済まし底カゴ仕掛けを投げ入れる。予報通り風は強いが釣りにならない程ではない。本命の上げ潮はなんとか流れているものの緩い。すごく緩い。この潮ではマダイは厳しそうだ。時折ウキを沈ますのはイサキ。サイズは小さいもののぷっくらと膨らんだお腹が旬が来たことを告げている。

その後も「上げ潮が終わるまでは」と思い頑張っていたのだが、それがなかなか終わらない。しかもポツポツとイサキが釣れるのでヤメ際が見つからない。若干ソワソワしだした伊藤会長に触発されて結局竿を置いたのは夜中の2時だった。

 

そして始まるBBQパーチー

f:id:kokorono_oto529:20190528142904j:plain

急いでBBQの準備に取り掛かり火を起こす。しかしこんな時に限ってなかなか火はついてくれない。「ちょっと木材あったらすぐつくやろ・・・」と思い着火剤もバーナーも持ってきてはいない。20分ほどチンタラしていたら草◯さんがバーナーを出してきてくれた。

 

おぉ・・・、草◯さま・・・。

 

f:id:kokorono_oto529:20190528142849j:plain

無事に火もついてBBQ開始。厚切りの豚バラから始まり、ウインナーにロースにカルビにとても食べきれない。残念ながらホルモンまでは辿りつかなかった。食べるのに夢中で写真は撮り忘れたが、どれも立派なお肉で大変美味しかった。伊藤会長に感謝。

f:id:kokorono_oto529:20190528142914j:plain

f:id:kokorono_oto529:20190528142843j:plain

 

すっかりお腹も満たされ、「よし、少し寝袋にでも潜り込むか・・・」と思ったが、よく辺りを見渡してみればうっすらと空が白み始めているではないか。時刻は4:30ぐらいだっただろうか。

 

フラフラしながらも就寝を諦めタックルを手に持つ。貴重な宗像沖ノ島の朝まずめを寝袋の中で過ごすわけにはいかない。

 

完璧に計画性がなさすぎた・・・。

 

さてさて、お魚でも釣りますかね・・・。

 

 

夜明け

f:id:kokorono_oto529:20190528142851j:plain

元気よく4人で釣りを再開するも潮は相変わらず緩く、たまに釣れてくるのはやっぱりイサキくん。伊藤会長らが上カゴに替えた中、粘って底カゴを振っていたらサイズは小さいがなんとか1匹マダイちゃん。

f:id:kokorono_oto529:20190528142846j:plain

しかし後が続かない・・・。上カゴに持ち替え、時折チビカゴも振ってみるが青物の気配すらない。

 

はい朝まずめ終了・・・。

 

おやすみなさい

f:id:kokorono_oto529:20190528142926j:plain

日も昇りだんだんと暑くなってきた。沈黙が続いた9:00頃だっただろうか。

 

ついにあの男が・・・!

 

太仕掛けを投げ続けるあの男・・・!

 

最近話題のあの男、伊藤会長が・・・!

 

寝た・・・。

 

しかしまあしょうがない。実は伊藤会長、ゴルフのラウンドを終えてからの沖ノ島。朝まずめに寝なかっただけでも良しとしよう。

 

f:id:kokorono_oto529:20190528142837j:plain

 

しかし人生とは時に無情なもので・・・。

 

伊藤会長が床に伏して間もなく、僅かながら海に微妙な変化が。今までの経験が僕に「変化=チャンス」だとコソッと耳打ちしてくれる。ここぞとばかしに足元からボイルを絞って投げ入れる。

そして数投後、イサキにしては良い引きだと思ったら1kgほどの石鯛が釣れた。先程、草◯さんも同サイズを釣り上げていた。急いで締めてクーラーボックスに投げ入れ、次の1投。抑え込まれたウキに少しラインを張ってやると勢いよく魚が走り出した。青物かとも思ったが何か様子が違う。姿を見せたのはまたしてもシマシマくん。草◯さんが丁寧にタモですくってくれたのは2kgほどの石鯛だった。

 

f:id:kokorono_oto529:20190528142857j:plain

 

丁寧に血抜き&神経締めを施していると今度は久〇〇さんが竿を曲げている。急いでタモを持って駆けつける。竿の曲がりからも明らかに僕のより大きそうだ。あまり走らないもののなかなか浮いてこない。しばらくするとようやく上カゴが見え、水中に白い魚体が・・・。でかいっ!

青物とばかり思っていたが、なんと力尽きて海面に横たわったのは大きなマダイ。無事にタモに収め、磯に引きずり上げたのは7〜8kgほどはありそうな綺麗な雌のマダイだった。大きすぎて締めるのに手こずっていたので僕が処理してあげた。写真では伝わり辛いが本当にでかい・・・。

 

f:id:kokorono_oto529:20190528142918j:plain

 

ワーワーしていたら伊藤会長もお目覚めになったようだ。のんびりとパンを食べ、これまたのんびりとハリスでも交換しているようだ。

 

伊藤会長が竿を持って釣り座に戻ってきたタイミングで、海は何事もなかったように表情を戻し、またしても沈黙が訪れた。そして非常に残念ながら納竿まではもう二度とその表情を変えることはなかった。

 

諸行無常・・・。

 

はい納竿。

 

アタリはヒデサキ

f:id:kokorono_oto529:20190528142907j:plain

港に戻り他の釣り客に状況を探る。どうやらヒデサキで何本か大型のアタリがあったそうで7kg級が上がっていた。本島北側の船入でもやはり7kg級。ケーソンでも大きさは不明だが何発か飛ばされたらしい。

 

しかしながら「春マサもう行っちゃった感」が否めない・・・。

 

今年は顔見れぬまま、気配も感じれぬまま終わっていくのだろうか・・・。

 

というか、「終わってしまった」のだろうか・・・。

 

悔しいなあ・・・。

 

f:id:kokorono_oto529:20190528142922j:plain

 

写真はないがイサキがだいぶパンパンマンで旬を迎えているようだ。石鯛も大きな真子が入り、かなり脂がのっていた。普段底物はやらないのでたまに釣れる石鯛が嬉しい。時期的にも次回はケーソンでカンパチくんでもジグで向かい撃ちますかね。

 

それでは皆さん良い魚を・・・。

  

ブログ村ランキングに参加してます。クリックしていただけるとブログ運営の励みになります。

 ↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

 

僕の使用タックルのおすすめ!!

↑↑何と言ってもお気に入りの点はこの上ない「しなやかさ」。商品ラインナップも14号まであって様々なシュチエーションに対応してくれます。上カゴでのクロ狙いでは6号をメインに、デカマサ狙いでは12号や14号をメインで使用していますが強いのにゴワつきません。ヒラマサは赤や黄色などの色物を嫌うという噂もありますしね。

 

↑↑ハリスはこれを使ってます。こちらも道糸同様、「強くてしなやか」です。結構良い値段しますがハリスは大事ですもんね。確か商品ラインナップは12号までなので、14号、16号はクレハのシーガーエースを使ってます。僕はいつも釣具屋で買うより安いので、清水から飛び降りる覚悟で楽天市場でまとめ買いしてます。

 

楽天でのお買い物は僕も使っていますが「楽天カード」の利用がお得で便利ですよ。年会費も永久無料で新規入会&利用だけで5000円相当のポイントがもらえます。更に楽天市場でのお買い物の際にはポイントが2倍、3倍となりどんどんポイントが貯まりますよ

↓↓↓

 

PVアクセスランキング にほんブログ村